クラミジアはクラビット(抗生物質)で治療

クラミジアはクラミジアトラコマティスという細菌が原因で起きる性感染症です。
性交によって、尿道や喉に感染します。
近年、10代~20代の比較的若い女性を中心に増加しつつあります。
男女共に症状が出ないことが多く、出ても軽く済んでしまうので見逃してしまいがちです。

kura1
男性の場合には軽い尿道炎を起こして痛みが生じることがありますが、それでも感染した男性の50%にしか症状は現れません。
女性は男性に比べより症状が出にくいのが特徴で、妊娠検査の時に偶然見つかることもあります。
まれに症状が出た場合でも数週間で治まってしまうので、気がつかないで過ぎてしまうことも多いのです。
しかし症状がなくなったからといって必ずしも自然治癒しているとは限りません。
何年もかけて次第に身体の内部に炎症が広がることがあるからです。
最近では、不妊症や子宮外妊娠の原因にもなっています。
このように、クラミジアは症状が出なくても後々身体への影響が大きい病気ですので、早期発見・早期治療することが大切です。
クラミジアの治療にはクラビットという抗生物質がよく使われます。
クラビットはこれまでの抗生物質に比べて抗菌力が強く、色々な細菌に対し効果があります。
また副作用が少なく安全に服用できる薬です。
最近はNETでクラビット通販ができるようになりました。

LQUIN
クラビット通販のメリットは近くに病院や薬局がない地方にお住まいでも、NET薬を購入することで、早期に治療が始められます。
クラビット通販ではジェネリック医薬品の取り扱いが多いので、信頼できるサイトで慎重に選ぶことが大切です。
自分で購入した薬を服用する時には必ず説明書に目を通して、副作用などが現れたら早めに医師の診察を受けるようにしましょう。